千葉相続税相談

MENU

自営業の節税対策 自営業者では勤め人に比較して、税金の納入について異なった部分で良いです。個人事業者は税金の面で優遇されているとよく言われています。とはいえ、自営業者は節税対応をかなり利用しないと、就業者と比べて納税においてメリットがあるというのは難しいです。
<所得の工夫>就業者は事業所が給与を細かいところまで掴まれていますので、所得隠しをすることは、できませんが、自営業の際はどうでしょうか?脱税をしてまで所得を隠ぺいしたら、収入を減らすことはやれますが、そのようなことまでして収入を減らしをしている人は少数に過ぎません。
当然、税務調査をすると簡単に、つじつまが合わないことがそれぞれ意見され、所得隠しが暴かれ社会の評判になる可能性はあります。それに、現在では、売上金のほとんどは銀行の口座に入金されますので、所得のインチキはむずかしいのです。
<経費>自営業の諸経費は、本当に事業に使った分しか必要コストに算入されません。さらに、どれくらいまで経費に含めて適切なのかどうか、しっかり認識されていないため、経費として一緒に計算すれば節税の対象となるのに、どうすることもできず利益としてしまっていることがあるのです。
例えて言うなら、オフィスの経費として、家賃、光熱費、通信費等は経費となりますので、自宅で働いている場合も、仕事をしている部屋や、その空間は職場としてその家賃や電気、ガスなどの光熱費などを上げる必要があります。一日の中で仕事でいる時間が多いのであれば、電気ガスなどの光熱費の多くは、事業で使われているはずです。
そして、消耗品費として、インク代、パソコン関連消耗費、通信費等も経費となります。機械などの、什器備品としては、機器として購入している、車、パソコン、周辺機器、ソフト代、など含まれます。電車代などの交通費としては、移動に大事な交通費すべてが入りますので、駐車場代、電車、バス、タクシー、などが含まれます。
交際費としては、会議費などが入りますので、さまざまな活動に伴う費用が経費として計算して出せるかよく考える必要が出てきます。<退職金>自営業者は退職に際して支給される金銭を根本的な経費とすることも行えないため、税制上優遇を受けられないのですが、「小規模企業共済」を運用することで、退職に際して支給される金銭と同じ考え方で節税を実践する事ができます。
それの良い所としては、掛金を支払う時に節税が出来るということと、仕事を止めたり、我が子に事業を譲渡する際に、共済金を退職金として受け取る場合にも節税効果を得られます。掛金を払い込む際には全額が所得控除の対象となります。一方、共済金を一括で受け取る場合には退職所得という用途になり節税効果が得られます。
なお、分けて貰う場合には公的年金等の雑所得扱いとなり、受け取る際も退職所得控除などのポイントがあります。それでもなお、これらの小規模企業共済のメリットを役立てるには、20年以上の継続が必要ですので、長期的視点での節税対策として考える必要となるでしょう。
中小企業、自営業などにおける節税対策は仕事をしている既存の税理士さんに委託するのが一番ですが、税理士によっては税務署側の持ちかけしかしなかったり、困難なことばかりで節税の方法を教えてくれない方も沢山います。そして費用も一般的な金額より高く依頼する税理士事務所もあるので、節税の対策や相談は数名の税理士に相談にのってもらいましょう